リンク

サブメニュー

返済が遅れてもまだ大丈夫

利用をするときに、キャッシングにおける返済の重要性は高いということは誰もが知っていることです。そうした事実を見ていると、たった一度であっても返済が遅れてしまうと、もう借りられなくなってしまうのではないか、あるいは借入額を減額されてしまうのではないかという不安を抱くことがあります。

キャッシングの利用においては、返済はたしかに遅れるとまずいものではありますが、しかしそれによって致命的な何かが起こるというわけではありません。遅れての返済であっても消費者金融会社によっては遅延を許してくれるところがあり、そうした会社ならば後日指定の期日までに返済することできちんと対応してくれることがあります。

遅延を嫌う会社は確かにありますが、顧客対応がいい会社ならば利用可能額が減額されたりすることなく、これまで通りの利用を継続することが可能です。

基本的に利用可能額というものは照会が可能ですから、色々な形で照会をしてみるのが一番です。例えば電話での催促があった場合には、そのときに電話をかけてきた先方に直接聞いてみるという方法があります。またそれができなかった場合には、ATMを利用すれば出かけ先でもすぐにわかります。

現在のATMは利用可能額が表示されるようになっているので、そこで照会をかければ自分の信用が従来通りになっているかどうかを一発で見極めることが可能です。

キャッシングの金利設定のあれこれ

海外の消費者金融では、特に上限金利が定められていないところもないわけではありません。しかし日本の消費者金融においては、法律によってしっかりと上限金利が定められておりました。

かつては上限金利が29.2パーセントでしたが、これがいわゆるグレーゾーン金利の原因となる金利だったことから、改正が行われました。

その結果、実際に借りている金額によって多少の違いはあるものの、上限金利は15パーセントから20パーセントという風になりました。この場合、借りる金額が少なければ20パーセントに近くなるということです。ただし実際のところ、貸付金利の上限を20パーセントに設定しているところはあまり多くありません。18パーセント程度が平均的です。

これはなぜかというと、遅延損害金との関係があります。遅延損害金は、期日までにお金を返済できなかった場合に支払うお金のことで、これも金利があります。遅延損害金は懲罰的な意味合いがありますので、通常の金利よりも高くしなければなりません。

そこで、遅延損害金の金利を、法律で定められている上限いっぱいの20パーセントにしているのです。

ちなみに質屋の場合も貸金をしていますが、例外的に20パーセント以上の金利が認められています。

今や利用者の多いキャッシング

キャッシングに対する印象、それは人それぞれかもしれませんが、利用したことのない方にとってはできれば利用したくはないものかもしれません。

お金を企業から借りるなんて信用できない、本当に安心できるのか、疑問はなかなか消えないことでしょう。しかし、今では多くの方がキャッシングを利用しているため、安心のできるサービスになっているのです。

キャッシングに対するイメージ、恐喝まがいの取り立てであったり考えられない金利は、ドラマや映画だけのものとなっています。そのような方法でのキャッシングは法律で禁止されていますし、厳しい罰則もあります。何よりも、クリーンなイメージの重要なこの業界でそのようなことは起こさないでしょう。

また、先ほども言ったように今では多くの方がキャッシングを利用しています。調査によっては半数以上の方が利用したことのある、という結果も出ているくらいで、キャッシングは今非常に身近な存在となっていること間違いありません。

今や利用者の多いキャッシング、それほど心配する必要はありませんし、CMで見かけるあの企業もあります。警戒することは無駄にはなりませんが、もしもの備えとして十分に機能すること間違いありません。キャッシング枠を一つ持っておくことをお勧めします。